ぼたんの記録3

本日も辛い記録を書いています
飼い主様が読まれて辛い思いをなさるようでしたら無理せず読まないでくださいね








12月7日のニ兎の写真です
この頃はまだまだよくくっついてましたね~



これはもっと前の写真です
今年の年賀状に使ったものですよ
可愛いでしょう~←親バカ

二兎一緒の写真はもう撮れなくなりましたが
いーっぱい撮ってますよ
以前アップしたものになるかもしれませんが
この先も時々アップしたいなぁ







本日は少しだけ記録をすすめましょう




ペレットも日替わりで食べるものが変わったり
ふやかさないと食べなかったり
ふやかしても食べないのでりんごジュースでふやかしたり
そんな状態だったので
12月6日に病院行きました
いつもの排膿処置をされほっぺの腫れはひいてきていると言われました

この頃から盲腸糞も食べなくなってきていました
それの原因はわからなかったのですが
どうもウンチが出そうになると
盲腸糞が出そうになると
いつものように食べようと下を向くのですが
その時にお口はお尻までいかず
胸や前足の汚れをペロペロし始めるのです
ふと気がついて自分の汚れが気になってたのかなぁ?




時期がちょっとすすんでいますが
12月19日の写真です
前足がびっしょりです
毎日、そして強制給餌などのたびにティッシュや吸水性の良いタオルでふき取ったり
ぬるま湯をスプレーで吹きかけてそのあとしっかりふき取ったりしてたのですが
追いつかず・・・
少しでも改善になればと
SUSUマットも敷いたのですが

話が少しずれてしまいましたが
12月8日にはますますペレットを食べなくなっていましたので
摩り下ろし人参をふやかしペレットに混ぜたり
水よりお湯でふやかしたり
色々やってみました
食べたり食べなかったりだったので
翌日12月9日また病院へ

通っていた病院は
以前は診察室でできる処置、例えば排膿などは私の目の前で診察室でされていたのですが
いつの間にか
ちょっと処置してくるねと
奥の処置室に連れて行かれるようになっていました
この日・・・

処置室から帰ってきた時
ドクターがあることを言われました

最初に発症したのは左側のほっぺ
それが落ち着いてきてから
右側が発症しましたが
左側も完治してた訳ではないので歯の状態も悪かったのは知っていましたが



左側のグラグラしていた歯を抜歯したと
色が変わっているところから下が歯根部分です
ウサギの歯って小さいですよね

この頃、左ではなく
右側の患ってる方の原因となっている歯に関して
抜歯できるものなら抜歯してもらった方が膿瘍も落ち着くのではないかと思っていたので(実際はぐらついてる歯等ではない場合、うさぎの歯を抜くことはとても大変なことらしいです)
抜歯自体はそれほど驚かなかったのですが
左側を抜歯したんだ・・・
麻酔なく・・・

ほんとにね、ほんとにぼたんは頑張り屋さんでした
ね?ぼたんえらいでしょう

ドクターはこの歯がぐらついていてそれが気になって食べれないのかもしれないということでした
このあと点滴と注射してもらってこの日の処置は終わりでした
体重は1.6
これまではずーっと1.7を維持してましたので少し痩せちゃいましたね












ぼたんの記録は私の自己満足で書いています
忘れたくないから
ぼたんが頑張った証をしっかり記録しておきたいから

でも、私もぼたんが逝くほんのちょっと前に先に虹の橋を渡った大好きなうさぎちゃんの報告を聞いたときは
自分と被って辛かったです
なのでこのブログを読むことですごく辛くなるような時、辛くなる方は読まないでくださいね
まずはご自分の愛兎ちゃんのことを考えられてくださいね




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ
にほんブログ村




りおん♪様
味覚がおかしくなってたのは口の周りの痛みや実際口の中にも膿も出ていたわけですし、それらのことだったのでしょうねぇ。
このころはほんとにりおんさんの言われるようにうさぎはかわいいけど、かわいいけど辛い悲しいことのほうが多すぎると、辛くて辛くてたまらないといった状態でした。今は、同じうさぎであるまるにすごく癒されています。まるがいなかったらもっともっと辛い日が続いていたでしょうね

シオンパパ様
シオンおねーちゃんもすごく元気なうさぎさんでしたものね。時々思うのです、病気になるうさぎと元気で長寿のうさぎと何が違うのだろうと

まみぽん様
ありがとうございます。確かに書くという作業はほんとに淡々と書いていて落ち着いています。ただ読まれるほうが辛い記事もあるのだろうなぁとちょっと気になってますが。でも自己満足で書きますよ!いつ終わるのでしょうね?終わったらどうなるのかなぁ

もふもふミッフィー様
昨日もまるは一回足ダン!しました。ぼたんがいたのかも?私は気配を感じることはなかったですが。排膿は病院では吸い出されるし、出にくくなっていると言われていましたからそれも辛い痛い処置だったのでしょうね。自宅での排膿はこのころは瘡蓋を剥がすだけにしてたのですが瘡蓋剥がすときもいやがっていたので痛かったのだと思います。

なっちゃん様
このころ、ぼたんは食べたそうにペレットや恵ちゃんに近づいてきてはあきらめて逃げていくということも多かったです。それもかわいそうだったなぁ。自分だったらって考えちゃって。お腹がペコペコなのに歯が痛かったりちょっと具合悪くて食べれなかったときに目の前に食べたいものがあったら~?って。それでも食べて欲しくて目の前口元に持っていっていましたけどね~

コメントの投稿

Secret

No title

頑張ってるね、ぼたんちゃん!本当に、うさぎさんそれぞれですね。

おねえちゃんシオンはシリンジも使わなかったからね。不思議です。

コメントのお返事、恵ちゃんを諦めて逃げるっていうのは辛いわ…。

ぼたち、想像していた以上に頑張ったね。
本当に偉いよ。
世界一のお利口うさぎさんだよ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぼたんちゃんのがんばってる姿がろでぃと重なる。
ろでぃもおてての汚れがぜんぜん取れなくて、毎日ブラッシングしてたけど嫌がらなかった。
ぼたんちゃんの食べ方もろでぃとそのままだ。
ぼたんちゃん、がんばったよね。
たくさんたくさんがんばった。
ぼたん母さんもがんばったよ!
ろでぃのことがあって、本当に苦しかったよね。ごめんね。

No title

病気は違えど、食べたいものも食べれなくて…
ぷーと重なります。
食が段々と細くなっていき(加齢と病気の為)、その為に歯も削れてなくて少し伸びていたんですよね。
それで益々食べる量が減って…

ぼたんちゃん、最後の最後まで本当に頑張ったね。
強いうさぎさんでしたよ。

No title

言葉がしゃべれるのなら、こういう治療法があるけどどうしますか?
いえ、(それは痛くて我慢できなそうだから)やめておきます 
とか言えるのにね。

動物たちが病気になった時、治療をやめたくなる時ってないですか?
もちろんそのまま放置していいものではないとしても
その治療がただ苦しめるだけのような気がしてきて。
わたしは何度かありましたよ。

ぼたんちゃん、つらい時に抜歯したのね・・・
本当によくがんばったよね・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

まるちゃんとぼたんちゃんが寄り添ってる写真、大好きですe-446
本当に心からお互いを信頼し合ってる感じがするのよね。

こんな風に甘えられる兄と一緒に暮らす時間を持てて、ぼたんちゃん、すっごく幸せだったと思います。

これからもドンドンふたりの写真をアップして下さいね~
久しぶりに縦列駐車もみたいな♪

プロフィール

ぼたん母

Author:ぼたん母


お名前:ぼたん
生まれたとき:2011.08
おうちに来たとき:2011.12.31
性別:女の子
性格:びびりで、やんちゃで、わがまま
2017.1.12お月様へ移住



お名前:兎丸
生まれたとき:2011.08
おうちに来たとき:2015.04.12
性別:男の子
性格:人懐こくて、やんちゃで、あんぽんたん!?

ウサギを救え!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
応援してね
ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします
ブログ村
うさぎの日を盛り上げ隊
3月3日はうさぎの日!



ぼたんずぎゃらりー


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる